日誌

三好校だより

まごころ市

晴天下、「まごころ市」を開催しました。今回は、環境資源科2年生森林専攻班が担当しました。

たまご、乾燥シイタケ、ジャム等販売しました。

多くの地域の方々にご来校頂きました。ありがとうございました。

    

理科・実験 学校開放講座⑤ 

 11月27日(土)今年度最終の開放講座が行われました。

 内容は「精油の抽出と利用について」でした。

 日本アロマ協会アロマテラピーインストラクターの住友桂子さんを講師にお迎えし,精油の抽出・使用方法に関する基礎知識についてご講義頂き,その後,アロマクラフトづくりに取り組みました。三好校産柑橘から抽出したアロマオイルを利用した「バスソルト」と「抗菌スプレー」を作製しました。

 受講生の皆様,今年度の学校開放講座へのご参加,ありがとうございました。

 

 

生け花で県産花卉をPR!

徳島県産の花卉をPRするための県の事業に賛同し、本日、三好校で県産花卉を使った生け花教室を開催しました。環境資源科から有志2人の生徒が参加し、お招きした生け花の先生にご指導いただきながら、黄金ヒバやトルコギキョウなどを思い思いに生けました。生け花は、正面玄関や生徒玄関、渡り廊下などに飾り、全校生徒や来客に楽しんでもらいます(^^)

 

食農科学科 果樹専攻 ユズの収穫と販売活動

三好校敷地農場で栽培しているユズの収穫とユズ玉・ユズ酢の販売活動を今年も

行います。大玉の果実はそのまま販売し、形が不揃いの果実はユズ酢に搾ります。

私たちはこの活動を通じて、食品ロスの軽減について実践しています。

販売は三好校敷地農場(0883-79-3483)にお問い合わせください。

地域交流拠点施設「箸蔵とことん」でも販売しています。

価格はゆず玉1袋(7~8個)200円・ユズ酢720ml/1000円

すべて税込みです。

 

昼 第4回学校開放講座!

11月20日(土)三好校敷地農場果樹園において学校開放講座が開かれました。

今回の内容は「落葉果樹のせん定」でした。

果樹の生長を促進させ,実付きをよくするために,整枝・せん定は重要な管理作業の一つとなります。

果樹専攻生5名が,受講生の熱心な質問にもよく対応し,一緒に実習に取り組みました。

せん定された柿の木は,秋晴れの青空によく映える,美しい樹形となりました。

今日の1年生総合実習は、

1年生の総合実習は、各学科とも2班に分かれて、各専門分野の学習(専攻と呼んでいます)をローテーションで体験しています。

食農科学科は、食品と畜産、果樹と野菜。環境資源科は、草花と森林。

今日は、食品、草花、森林をのぞいてみました。畜産をしている山地農場までは足を延ばすことができませんでした。

いろいろ体験して、専攻希望を固めていきます。

  

 

タマネギ苗が仕上がりました

セルトレイから畑に移植して養成していたタマネギ苗を掘りとりました。

よく根が張り、適度な太さ、大きさに仕上がりました。

一束100本での予約販売となります。

   

学校 「林業出前授業Ⅱ」実施

 11月15日(月)三好西部総合県民局主催で,2回目となる林業出前授業が開催されました。

 にし阿波林業・製材業事業体の皆さん(6企業)が来校下さり,企業説明や環境資源科1,2年生との意見交換会が行われました。

 生徒たちからは「林業の魅力」「ウッドショックについて」「事故の経験」等々,様々な質問が出され,将来の進路目標に向かって有意義な時間を過ごすことができました。

 林業・製材業事業体及び県民局の皆さん,大変お世話になりました。

 

 

鉛筆 学校開放講座③

 11月13日(土)3回目となる開放講座が開催されました。

 内容は「季節の寄せ植え」で,草花専攻生6名が地域の皆さんとの交流をはかりました。

 コニファーを中心に,パンジー・ビオラ・ガーデンシクラメン・シルバーリーフ等々の季節の草花を,自分好みに植えつけました。

 出来上がった寄せ植えは,年末年始のご自宅玄関等を華やかにしてくれることでしょう。